水素吸入サロン 健康の森|気になる症状

MENU
気になる症状

の発生のリスク

癌

癌発症の大きな要因として加齢による免疫力の低下血液の酸素運搬能力低下による低酸素体質化、喫煙や不適切な食事・ストレスなどによる体内の活性酸素の増加などが指摘されています。

その中でも活性酸素は日常生活を送る中で必ず発生してしまうものであり、避けては通れないものです。
活性酸素を除去する抗酸化物質の働きは、年齢とともに低下していきます。
若い頃は活性酸素を全て除去することが出来ても、年齢を重ねるごとに除去しきれなくなり、体内にどんどん蓄積されていきます。

そこから大きな病に発展するリスクがあります。


抗酸化食品を毎日十分な量を摂取することは大変です。
しかし抗酸化作用のある水素なら、抗酸化食品を食べるよりも簡単に十分な量を摂取することができ、活性酸素から身を守ることができます。

水素が体のすみずみまで行き渡り、活性酸素を除去。
さらに免疫力アップ、血行促進作用で癌発生のリスクを軽減。

生活環境の改善と共に、ぜひ水素を積極的に取り入れましょう。

お悩みの症状一覧に戻る

化学療法と放射線治療の副作用

副作用

癌患者の直接死因の多くは抗がん剤である

抗がん剤は人体に入り、活性酸素を体内に大量に産生します。特に抗がん剤のうちのプレオマイシンにアントラサイクリン系のもの(アドリアマイシン、ダウノマイシン)などは、がん細胞の核のDNAでヒドロキシラジカル(活性酸素と呼ばれる分子種のなかでは最も反応性が高く、最も酸化力が強いもの)を作り、これを破壊して癌細胞を殺します。
しかし、抗がん剤は放射線と同じ作用を示し、正常な細胞も殺してしまいます。使用量に限界があり、癌患者の直接死因の多くは、癌そのものよりも、抗がん剤であることは当然のことです。

抗がん剤で正常細胞が癌細胞より先に死滅

抗がん剤はなるべく癌細胞だけに向かう工夫がされていますが、それでも抗がん剤のかなりの量が正常な細胞に到達し、癌細胞と正常細胞の生命力の差から、正常な細胞の方が先に殺されてしまうのです。
抗がん剤の影響を受けて死なずに生き残った正常細胞は、放射線、パラコート、殺虫剤の場合と同じで、奇形や新しいがんを作ります。


水素は、活性酸素のうち正常組織にダメージを与えるヒドロキシラジカルを消去しますが、生体防御や細胞機能に重要な働きを持つ活性酸素のスーパーオキシドや過酸化水素は消去しません。
抗がん剤治療中は体内でヒドロキシラジカルが大量に発生し、これが肝臓や心臓や腎臓などの諸臓器の機能を低下させ、免疫力や治癒力を低下させる原因になっています。
さらにヒドロキシラジカルは癌細胞の悪性化を促進します。

水素を体内に取り込むことは、抗がん剤の副作用軽減に有効

副作用緩和のために水素入浴や水素吸入を行っている病院が増えています!!

お悩みの症状一覧に戻る

節痛

関節痛

活性酸素は細胞が活動するうえで、必ず作られてしまいますが、加齢とともにその産生量が増加します。
変形性関節症の患者は、血管拡張物質である一酸化窒素が関節内に増加していることが解っています。
この一酸化窒素と細胞活動と加齢で増加したスーパーオキシドが結合するとペルオキシナノライトという悪玉活性酸素が作られます。
また、加齢によって増加したスーパーオキシドの処理が追いつかず、関節内の重金属と反応して作られるヒドロキシラジカルも増加します。

これら二つの活性酸素は、『軟骨細胞の破壊』『軟骨組織の変性』『炎症反応の増強』といった関節の劣化の中心となる現象を引き起こします。


水素はヒドロキシラジカル、ペルオキシナノライトを共に除去できる抗酸化物質であるため、関節炎悪化のリスクを軽減できます

お悩みの症状一覧に戻る

尿病

糖尿病

生活習慣病のひとつに挙げられる「糖尿病」ですが、厚生労働省の平成26年の調査では、糖尿病の患者数は316万6,000人もいることがわかっており、平成26年1年間の死因別死亡総数のうち、糖尿病による死亡数は1万3,669人(男性:7,265人、女性:6,404人)もいます。糖尿病有病者(糖尿病が強く疑われる人)の割合は、男性で15.5%、女性で9.8%となっており、70歳以上では男性の4人に1人、女性は6人に1人が糖尿病とみられています。糖尿病は、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足が原因のひとつではありますが、「糖代謝の異常」が大きな原因です。

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足することで発症します。インスリンの分泌量が不十分だと、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなり、全身にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。
インスリンを分泌するすい臓のβ細胞は活性酸素に弱い性質があります。体内で発生した活性酸素は、すい臓のβ細胞を傷つけ、血糖値を下げるインスリンの分泌量を低下させてしまいます。また、ブドウ糖をエネルギーに変える細胞内のミトコンドリアが、活性酸素により弱まってしまいブドウ糖を取り込む働きも低下し、糖尿病が進行してしまうのです。


水素の摂取で細胞内に浸透した水素が、活性酸素を除去・抑制する働きからすい臓が受けるダメージを軽減させβ細胞を保護し、ブドウ糖をエネルギーに変えるミトコンドリアの働きを向上させることで血糖値が下がり、糖尿病の予防や糖尿病が引き起こす合併症を防ぐことにつながります。

お悩みの症状一覧に戻る

満・メタボリックシンドローム

肥満・メタボリックシンドローム

活性酸素は、自分の体の細胞や内臓組織などを壊す働きを持っており、体を酸化させて老化や病気を引き起こすと言われています。
活性酸素は呼吸によって取り入れられた酸素がエネルギー代謝に使われることで発生しますが、肥満の人は活性酸素の発生量がほかの人よりも多くなります。
これは、肥満の人の体は痩せている人よりも体積が増えて、おのずと血管も多くなるので、そこでの活性酸素の発生量が増えてしまうことが原因です。
増えすぎた活性酸素は攻撃対象を求めて、自分の健康な細胞などを破壊していきます。

活性酸素はもともとは免疫機能として存在するものであり、体に悪影響を与えるものではありません。
しかし、増えすぎた活性酸素は、免疫機能として働く場所を失います。
攻撃対象がなくなった活性酸素はそれを求めて、脂質とも結びつきます。
脂質と結びつくことで過酸化脂質という活性酸素よりも悪い物質に変わります。
肥満の人は脂質も多いため、活性酸素をより悪い物質へと変える可能性が高い
のです。


水素が体のすみずみまで行き渡り、活性酸素を除去
動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞のリスクを軽減

活性酸素と肥満は深く結びついており、どちらかを改善するのではなく、どちらも上手に解消していくことが必要です。
活性酸素を減らすことで肥満も解消して、肥満にならない生活をすることで、総合的に健康的な体を作っていきましょう。

お悩みの症状一覧に戻る

血圧

高血圧

高血圧

高血圧になると、常に血管に強い圧力がかかり、動脈が傷つきやすくなります。
また、高血圧というのは血液を押し出す力が強い状態のことなので、血液を体中に送り出している心臓にかかる負担も大きくなります

そして高血圧の状態が続くと、心臓はもっとパワーが必要だと判断して心筋を太くしようとするため、今度は心臓が大きくなります(心肥大)。血管も同じように強い圧力に負けないようにと血管の壁が厚くなり、そうやって太くなった血管の内壁に血液の成分が入り込み、コレステロールと結びつくなどして動脈硬化が起こりやすくなります。


高血圧を改善・予防するためには「血中の活性酸素や過酸化脂質を蓄積せず早めに除去する」ことが重要です。
水素は分子が小さいのでスムーズに血液に溶け込ませることができ、血中の活性酸素を除去することができます。

水素による活性酸素の除去、血管力アップで症状を軽減

お悩みの症状一覧に戻る

理不順・生理痛

生理不順・生理痛

生理不順の原因には、卵巣の発達が遅かったり、卵巣や子宮になんらかのトラブルを抱えていたり、また過激なダイエットが原因になっている場合もあります。

でも実は、圧倒的に多いのは、精神的なストレスによるものです。「生理はストレスのバロメーター」といわれるほどで、精神的なストレスがホルモン分泌に影響を与え、不順をおこすことが多く、現代社会では、生理不順の根本的な原因はストレスといってもいいほど。強いストレスを一時的に感じただけで、周期が変わってしまうこともあるんです。

また、生理直前から生理開始の間に急激に増加し、子宮内の経血を排出するために子宮を収縮させるという重要な働きをするプログラスタンジンは、同時に血管を収縮させるため過剰分泌されると血流が悪くなってお腹や腰が痛くなったり冷えたりします。


最近、プログラスタンジン過剰分泌と活性酸素は深く関係し、子宮内膜には活性酸素が過剰に発生するとプログラスタンジンも過剰に発生するということがわかってきました。水素を取り込んで活性酸素が除去されるとプログラスタンジン量が正常になるので生理痛が軽減されます。

また、水素を取り込むことで細胞の働きが活発になって新陳代謝がアップし、血流も良くなるので生理痛の緩和につながります。

そして、免疫力アップによりホルモンバランスも整い、正しい生理周期に導いてくれます

お悩みの症状一覧に戻る

年期障害

更年期障害

女性の更年期は卵巣機能が衰え女性ホルモン分泌が減少し始める閉経前後の期間とされています。
更年期障害が始まる時期は人によって違いますが、だいたい40代半ば頃が多く、月経異常や月経不順が続く人が多いです。

しかし、症状には個人差があり、ほとんど症状がない人から日常生活に支障があるくらい重い症状の人まで様々で、最悪の場合はうつ症状態になって自殺したり家庭崩壊するというケースもあります。


水素を取り込むことで、基礎代謝のアップ、ホルモンバランスの調整効果、脳内伝達物質のバランス正常化や脳の血流増加がみられるため、更年期障害の改善を手助けしてくれます。

水素によって基礎代謝があがるので体内のホルモンバランスを正常な値に近づけ、更年期障害の症状改善も期待できます。

また脳内伝達物質のバランス正常化や脳の血流増加によって精神的な症状の緩和や改善も見込まれ、実際にうつ病や認知症の改善例も多数報告されているそうです。

お悩みの症状一覧に戻る

精疲労

眼精疲労

わたしたちがものを見るときは、眼球のまわりの毛様体筋という筋肉によって水晶体の厚みを変え、ピント調節をしているのですが、目を酷使するとこの筋肉が疲労し、調節機能がうまく働かなくなります。
これが眼精疲労という状態で、目がしょぼしょぼする、目が痛い、かすむ、という症状だけでなく、ひどくなると肩がこったり、頭痛がおきたりします。

また、目は皮膚同様、紫外線を直接浴びるため、表面や内部でたくさんの活性酸素が発生していると考えられます。


水素を取り込むことで活性酸素を除去し、さらに血行促進効果で毛様体筋の血流改善することで、眼精疲労の症状を緩和

お悩みの症状一覧に戻る

トピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、体に備わった免疫機能が過剰反応してしまうことにあります。
本来、免疫機能というのは、体を有害なものから守るために働くもの。しかし、過敏に反応するようになると、攻撃しなくても良いものにまで働いてしまい、炎症やかゆみといったアレルギー症状を起こしてしまうのです。

皮膚に炎症が起こると、そこには活性酸素が大量発生してしまいます。
活性酸素は老化の原因と言われ、悪者のイメージもありますが、細菌などから体を守ってくれるという役割を持っていて、自然にしていても体内でつくられるものです。
問題なのは、大量発生すること。大量に発生したことで有害な細菌以外のものにまで反応し、炎症を引き起こしてしまいます。

つまり、過剰反応を抑えるためには、活性酸素を除去し、アトピー性皮膚炎が起こる原因を減らすことが必要というわけです。


水素による活性酸素の除去、免疫力アップ、抗炎症作用でアトピー性皮膚炎の症状緩和

アトピーの治療には、炎症をおさえるステロイドや消炎鎮痛剤などが使われることが多いですが、基本的には炎症を抑えるためのものであって、活性酸素をつくってしまう状態を緩和するわけではありません。
炎症がひどい場合には即効性もあり、効果的ではありますが、副作用のリスクが高いのも事実です。長期に使用を続けると、薬をやめた時の反動が大きくなるといった心配もあります。
水素の良い所は、副作用がないということ。水になるだけですから無害です。しかも、水素は非常に小さく、体のあらゆるところに入っていけるという利点があります。

お悩みの症状一覧に戻る

シミ

皮膚には潤いの元の水分がたくさんあります。
ところが、紫外線によりその水が活性酸素へと変化します。

表皮の基底層には色素細胞がありますが、その色素細胞は水分から変化した活性酸素の刺激を受け、紫外線を防ぐためにメラニンを大量に作ります。こうしてメラニンは皮膚の角化細胞に取り込まれ「シミ」となるのです。


水素による活性酸素の除去

活性酸素を除去すれば、メラニンは大量に発生せず、メラニン色素の少ない細胞に置き換わり、皮膚からシミは消えていきます。

お悩みの症状一覧に戻る

シワ

皮膚は細胞と抗原線維(コラーゲン)や、弾力線維(エラスチン)というたんぱく質でできています。きれいに並んだ細胞の間にコラーゲンやエラスチンがクッションとなって細胞間に配置されることにより、皮膚は美しいハリのある弾力性を保てているのです。

ところが、このコラーゲンやエラスチンは歳を重ねると質や量が変化し、皮膚の老化が始まります。また、紫外線などにさらされると、真皮に活性酸素が発生し、コラーゲンやエラスチンの性質も変化し、皮膚は弾力を失い、シワができるのです。


水素による活性酸素の除去

活性酸素を除去することにより細胞のクッションが保たれ、シワの改善につながります。

お悩みの症状一覧に戻る

くみ

むくみ

身体のむくみは、寝る前に水分を摂りすぎたり、塩分を摂りすぎたり、疲労やストレスが原因で腎機能が低下していたりすることが原因となって、皮膚の下に老廃物や余分な水分が溜まることで起こります。

また、女性のむくみや冷えは血液循環に問題があることが多く、血流が悪くなると動脈硬化などの原因にもなります。


水素が体のすみずみまで行き渡り、活性酸素を除去し尿として排出、さらに血行促進でむくみの軽減

むくみを解消できるだけでなく、生活習慣病などの原因である活性酸素が除去できたり、内臓機能も回復できるので一石二鳥といえます。

お悩みの症状一覧に戻る

粉症

花粉症

花粉症とは、鼻や目の粘膜に炎症が生じ、鼻や目のアレルギー症状および全身症状を招くものです。
日本において花粉症を引き起こす植物はおよそ50種類ありますが、スギ花粉症患者がもっとも多く、人口の約16%のおよそ2000万人いるとされています。近年では、ヒノキ花粉症やその他の植物の花粉症患者も増えています。

また、これまで花粉症にかかったことがないのに、急に発症したというケースも珍しくありません。これは、毎年花粉を体内に取り込んでいるうちに、花粉に抵抗しようとアレルギーを引き起こすIgE抗体と呼ばれる物質の量が、その人にとってアレルギー反応を引き起こす一定の許容量に達した(感作が成立)ためです。

一度感作が成立すると、体内に侵入してきた花粉をIgE抗体が異物とみなし、免疫反応を起こして花粉を追い出そうと攻撃します。つまり、花粉症は身体に備わっている生体防御システムが過敏にはたらくために、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を起こすのです。


水素による活性酸素の除去、抗炎症作用、免疫力アップで花粉症の症状緩和

お悩みの症状一覧に戻る

内炎

口内炎

口内炎の種類にもさまざまありますが、もっとも一般的なのは「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。小さな白い潰瘍ができ、その周りが赤くなるのが特徴で、歯や舌、食べ物などが触れると強い痛みがあります。

口内炎の原因の一つに活性酸素があげられます。活性酸素は健康な細胞を攻撃して傷つけます。この活性酸素のはたらきが口内で起こった場合、アフタ性口内炎としてあらわれることがあると言われています。

活性酸素はさまざまな要因で発生します。偏った食生活やストレス、喫煙など活性酸素を大量発生させる原因は日常生活に潜んでいます。


水素による活性酸素の除去、抗炎症作用、免疫力アップで歯周病の発症、重症化のリスクを軽減

お悩みの症状一覧に戻る

頭痛(片頭痛)

偏頭痛(片頭痛)

突然頭が痛くなる、偏頭痛という症状。偏頭痛の原因の1つにミトコンドリアの代謝機能異常が関係しているといわれています。

ミトコンドリアが神経伝達物質に異常を起こす要因となる代謝機能異常は、活性酸素によって引き起こされています。そもそも、ミトコンドリアはエネルギーを作り出してくれているものです。その代謝が悪くなるということは必要なエネルギーを生成できないことになります。

偏頭痛を軽減するためには、ミトコンドリアが元気になるために、活性酸素を取り除いてあげなければなりません。


水素は抗酸化作用がある分子で、とても小さいという特徴をもっています。さまざまな抗酸化作用のある物質がありますが、そのほとんどが大きすぎてしまい脳関門という脳に入るための部位を通り抜けることができません。
ところが水素はとても小さいため、脳内のミトコンドリアにまで届き、その周りにある活性酸素を除去してくれます。また、悪玉活性酸素というミトコンドリアの邪魔をするものだけに作用し、カラダに無害な水に変化させて体外へ排出するため、副作用の心配もありません。

しかし水素によって今痛い頭痛がよくなるわけではありません。継続的に水素を取り込むことで、偏頭痛が起こるのを予防し、頭痛を軽減することができます。

水素による活性酸素の除去、抗炎症作用で頭痛の予防

お悩みの症状一覧に戻る

不眠

活性酸素によって体の細胞が酸化し傷つけられてしまうと、体の様々なところへ不調が表れます。皮膚や血管を老化させるだけでなく、アトピーや喘息などのアレルギー反応を起こしてしまったり、ホルモンの分泌バランスを崩すこともあります。その結果として、自律神経や性ホルモンのバランスが変化して不眠へつながると考えられます。

不眠が続いて生活リズムが崩れれば、精神的なストレスになりますし、さらに活性酸素を増やしてしまうことにもなり、また眠れない状態を引き起こすことに。こうして悪循環が続いていきます。活性酸素と睡眠障害の間には、負の相互関係があると考えられます。


水素による活性酸素の除去により不眠・睡眠の質を改善

水素は地球上でもっとも小さな物質であることから、血管から脳までその効果が及び、脳の疲れや活性酸素を除去してくれます。高濃度の水素を摂取することで、睡眠の質向上が期待できます。

お悩みの症状一覧に戻る

え性

冷え性

冷え性を治すのに身体を「温める」という方法だと一時的な効果しか期待できず、根本的な改善策にはなりません。冷えの根本的な原因を追及して、それを改善することが必要です。

冷え性が発生するメカニズムとして、血流が悪くなることが挙げられます。
血流が悪くなる原因として特に問題となるのが、血液がドロドロになる場合です。それにより代謝が悪くなることで、老廃物が適切に体外に排出されなくなり、さらにドロドロとなってしまいます。
この悪循環が続くと、血流が悪くなり冷え性になってしまうのです。


水素による活性酸素の除去、血行促進作用で冷え性の症状緩和

手足に特に冷えを感じる理由
私たちの体は、重要な臓器が集まる体の中心部を一定の温度(通常は37度前後)に保とうとしています。 特に寒いときは、体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとします。そのため末端である手先や足先には血液が行き渡りにくくなり、温度が下がりやすくなって、冷えを強く感じるようになるのです。

お悩みの症状一覧に戻る

肉痛

筋肉痛

筋肉痛が起こると、白血球が集まって活性酸素を作り出します。この活性酸素は、細菌などの病原体を殺したり、傷ついた場所を治したりする効果があります。その際には足りなくならないように多めに治そうとする特性があるため、過剰に生成された活性酸素の影響で、筋肉痛がひどくなったり長引いたりすることがあります。

この活性酸素に対する抵抗力は、若い人ほど強く年齢を重ねていくことにより弱くなっていきます。若いころは数日で治った筋肉痛が、何日も続くのは活性酸素に対する抵抗力が弱くなったことによるものでしょう。

運動によって急激に活性酸素の濃度が高まり筋肉の細胞が攻撃を受けると筋肉細胞の膜が破壊されてつぶれてしまいます。特にランニングのような長時間続けて行う運動では、活性酸素が大量に発生するため、酸化による筋肉の損傷が大きくなります。


水素による活性酸素の除去、抗炎症作用で筋肉痛を軽減

お悩みの症状一覧に戻る

疲労

疲労を起こすのは活性酸素による酸化ストレスで、神経細胞が破壊されるからであると考えられています。運動などのエネルギーをたくさん使う活動では、酸素が多く消費されるとともに活性酸素も多量に発生します。活性酸素が発生すると、活性酸素を分解して体内から除去する抗酸化酵素が働くようになっていますが、発生する活性酸素の量が抗酸化酵素の働きを上回ると自律神経の細胞や筋肉が活性酸素によって攻撃されて疲労へとつながります

加齢や紫外線を浴びることは活性酸素の影響を受けやすくなるため、疲労が起こりやすくなります。


水素が体のすみずみまで行き渡り、活性酸素を除去することで疲労回復

お悩みの症状一覧に戻る

貧血

貧血は血液の中に赤血球の数が少なくなってしまった状態です。赤血球の中には、ヘモグロビンという成分が含まれており、ヘモグロビンが酸素を身体中に運ぶことによって人は生命を保つことができるのです。赤血球の主成分でもあるヘモグロビンの数が減少してしまうと、酸素を運べなくなり、酸欠状態になります。
ヘモグロビンが少なくなってしまう原因には、鉄分不足や活性酸素が体内で過剰に発生してしまうことがあります。

貧血を根本的に解消するには、ただ単に鉄分を補給するだけではなく、活性酸素が体内で発生しないようにしなければなりません
血液中に活性酸素が増加していくと、赤血球が破壊され、ヘモグロビン数が減少し、身体に酸素が運ばれなくなってしまうため、貧血症状が出始めるのです。

活性酸素が発生する原因はストレスや喫煙、紫外線、飲酒、大気汚染、食品添加物、激しい運動などです。息を吸うだけでも、吸った酸素のうち体内で約2%が活性酸素になってしまうので、いかに活性酸素の害から身を守るかが重要になります。


水素が体のすみずみまで行き渡り、活性酸素を除去することで貧血の症状緩和

お悩みの症状一覧に戻る

邪を引きやすい

風邪を引きやすい

「風邪をひきやすい」「風邪がなかなか治らない」など、体調に不安を感じることはありませんか?
それは「免疫力」が低下しているサインかもしれません。

私たちを病気から守ってくれる重要な免疫システムですが、免疫力が何らかの原因によって低下すると、風邪だけでなく、感染症などにかかりやすくなるリスクもあります。

免疫低下の原因は、加齢やストレス、乱れた食生活、運動不足、睡眠不足などで活性酸素が大量発生することが原因と考えられています。


水素による活性酸素の除去、免疫力アップで風邪を引きにくい体質に!

お悩みの症状一覧に戻る

日酔いがひどい

二日酔いがひどい

二日酔いとは、自身の代謝能力以上のアルコールを飲むことで、毒性の強いアセトアルデヒドが体内に蓄積し、頭痛や吐き気などの不快な症状が現れることです。

アセトアルデヒドは活性酸素を大量に発生させ、肝臓でのスムーズなアルコール分解を阻害させてしまうのです。


水素は体内の活性酸素を汗や尿として体外に排出してくれます。
活性酸素による肝臓への影響を最小限に留めてくれるため、アルコールの分解がスムーズに行われ、二日酔いになりにくくなります。

水素による活性酸素の除去で二日酔い改善・予防

お悩みの症状一覧に戻る

荒れ

肌荒れ

忙しくて睡眠不足になったとき、ニキビができることありませんか。
睡眠不足や、不規則な生活、ストレスなどにより活性酸素が発生し肌荒れのリスクが高まるのです。

皮膚は眠っている間にダメージを修復して、新しい皮膚をつくっています。
活性酸素によるダメージで皮膚の修復がうまくいかなくなると、ターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質が残り、毛穴の詰まりやニキビ、さらにはシミ、シワ、たるみ、くすみなどの肌の老化に繋がります。

若い頃は生まれ持った抗酸化物質やSOD(スーパーオキサイド・ディスムターゼ)酵素の力が強く、活性酸素に負けない体内環境が整っていますが、30歳を過ぎると抗酸化力が低下し、徐々に活性酸素によるダメージが蓄積し、肌の衰えが目立つようになります。


水素による活性酸素の除去、睡眠の質向上、血行促進作用でターンオーバーの正常化

お悩みの症状一覧に戻る

肌のカサつき

肌荒れ

正常に肌のバリア機能が働いている状態であれば、角質層が外的刺激から肌を守り、肌内部の水分・脂質が逃げるのを防ぎ、潤いのある肌を保つことができます。

しかしストレスや紫外線、不規則な生活などにより活性酸素が大量発生すると、角質細胞に含まれるアミノ酸などの天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が減って細胞をつなぎとめる力が弱くなり、バリア機能が低下し水分が逃げてしまいます。
この状態が続くと肌は乾燥し、カサついてしまうのです。

肌の乾燥は、化粧ノリを悪くするだけでなく、ターンオーバーの乱れを引き起こし、シミ・シワ・くすみ・たるみなど様々な肌トラブルの原因になります。


水素による活性酸素の除去、血行促進作用でターンオーバーの正常化

お肌のカサつきを起こさないためには、活性酸素を除去し肌のバリア機能を守ることが何より大切なのです。

お悩みの症状一覧に戻る


※水素吸入は決して様々な疫病そのものへの直接的な効果を謳うものではありません



PAGE TOP